2008/11/05

RSS feed for B2B marketing

MarCom InkからB2BハイテクバイヤーのRSS利用に関する調査データが出ている。それをMarketingCharts.comが取り上げ、グラフ化している。

B2B企業でRSSフィードを提供していないのは70%、単一のRSSフィードを提供しているのは30%、複数のフィードを提供しているのは10%……???
もうお分かりだと思うが、上の円グラフは合計で110%になってしまう。MarComは、「70%はRSSフィードがなく、RSSフィードを提供している内、10%しかターゲット化した情報更新を行う複数フィードを持っていない」としている。

MarketingChartsのほうで無理やりグラフ化したのだろうが。どうやったら110%の円グラフを描けるのか聴いてみたい。ということで10月21日にMarketing Chartsにコメントを入れておいた。29日に確認したところ、円グラフは削除され、コメントも表示されている。が、110%の円グラフを描画する説明はなかった。

次に一般ユーザのRSS利用は16%にしか過ぎないが、B2Bテクバイヤーの71%はRSSフィードを重宝している。にもかかわらずB2B企業の30%しかRSSフィードを提供していない。
Source:Marketing Charts / Majority of B2B Tech Companies Don’t Use RSS Feeds
Source:MarCom Ink / developed by Kim Cornwall Malseed (pdf)

ところで、Forresterの新しいレポート、「What's Holding RSS Back?」をMicropersuasionのSteve Rubelが伝えている。その中でRSSを利用している一般ユーザは「11%」だとしている。
Source:Micropersuasion / RSS Adoption at 11% and it May Be Peaking, Forrester Says

Forresterのデータには「I'm not sure」が12%もいるが、この中にはYahooやGoogleのRSSフィードを知らずに利用しているユーザも含まれているはずだ。乱暴に推測すると、Forresterの出す11%に「I'm not sure」の12%の半分を加えた17%がRSSを利用している一般ユーザではないだろうか。MarCom Inkが出してきた16%と大差はない。

2005年と少し古いがPEWのデータによるとRSSフィードをよく理解しているのは9%、聞いたこともないが26%、よくわからないが65%もいた。それに比べれば着々と一般ユーザのRSSフィード理解、利用者は増えてきている。

Source:PEW / Data Memo (pdf)

これら一般ユーザに比べるとB2BバイヤーのRSSフィード利用は際立っている。71%がRSSフィードを利用している。一般ユーザの4倍以上が最新情報の収集にRSSフィードを利用している。別な言い方をすれば、RSSフィードを利用しなければ仕事にならないというB2Bバイヤーが71%もいるのだ。

それにも関わらず30%しかRSSフィードを提供していないし、複数トピックにあわせてフィードを提供しているのは10%にしか過ぎない。これはB2B企業でマーケティングを担当している人間の怠慢でしかない。

なお、RSSフィード利用者に関してまったく別なデータがあるので、来週にでも紹介する。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

「怠慢」かどうかは微妙です。
フィードを利用するようになってから、関心をそそるタイトルがない限りそのサイトにアクセスしなくなりました。これはサイト運営者にしてみれば「何か面白い情報はないか」ととりあえずアクセスするユーザーが減るということですよね。これをプラスと見るかマイナスと見るかでサイト運営者の方針は変わるんじゃないでしょうか。
サイトにアクセスして情報を探すのはデパートの店頭販売に、フィードは気に入ったものが見つかってはじめて注文するカタログ販売にたとえられると思います。カタログ販売(=フィード)なら「わざわざデパートに行ったが(=サイトにアクセスしてみたが)ほしいものがなかった」といってがっかりすることはありませんが、何気なくデパートに買い物に行ったら面白い商品に出会った、知らなかった特設コーナーで意外なものを発見した(=フィードで知らされなかった外部リンクに面白い情報があった)、といった面白みもあります。
どちらにもそれなりのよしあしがあり、一概に「フィードなしは怠慢」と言い切ってしまうのもどうかなと思います。
Mademoiselle Y

dramroll さんのコメント...

全世界で合計1.8億Webサイト(100万Webサイト増加@月)、1.3億Blogサイト(90万Blogエントリ追加@24時間)が存在し、数百億通(?)@日というEmailが飛び交うという現在の情報洪水の中でコンテンツ発信・消費を促進するためにタッチポイント獲得・確保が必要です。ユーザがわざわざWeb/Blogサイトへアクセスすることなしにコンテンツを消費、共有、再発信してくれるチャネルも必要です。「レバ」、「タラ」といった神頼みや偶然のアクセスを期待する余裕があるB2Bのマーケターだとするとそれは「怠慢」だと思います。